白梅図香包

尾形光琳

作品情報

データ

作者 尾形光琳
時代 江戸時代(18世紀)
素材・技法 絹本金地著色 現掛幅装
サイズ 33.2×24.2㎝

解説

光琳は、香木を収めるための裏に金箔を貼った絹地の包みに、草花や鶴などを描いた作品をいくつか残している。この図もそうした中の一つで、光琳独特の、花弁の区分がない白梅の花をつけた梅樹が描かれている。香包は上下左右から折っていくので、全体が九つに仕切られるが、中央の四角には、内側に香木を置くため、絵がかからないように工夫した構成がなされている。下から伸びた梅の枝が二つに分かれ、それぞれに見事な白い梅の花をつけている。下地の金と相俟って春の美しい情景を連想させる逸品である。