柳下腰掛美人図

宮川長春

作品情報

データ

作者 宮川長春
時代 江戸時代(18世紀)
素材・技法 絹本著色 一幅
サイズ 97.2×36.1㎝

解説

宮川長春(1682~1752)は、多くの浮世絵師が本格的な画技の修練を積んでいないのとは異なり、土佐派や狩野(かのう)派の技法を学び、浮世絵初期の時代にあって、菱川(ひしかわ)派や懐月堂(かいげつどう)派の影響を受けつつ一家をなした。長春は、生涯浮世絵版画の下絵には手を染めず、肉筆浮世絵のみを専門に描いた。本図は柳の下の縁台に腰をおろして洗い髪をくしけずる女性の姿を、流れるような描線と柔らかい筆致で描き上げており、落ち着きのある情趣に、長春の画品の高さが窺われる。赤を主とした着物に藍色の帯を配した色彩効果も巧みである。