桟橋二美人図

喜多川歌麿

作品情報

データ

作者 喜多川歌麿
時代 江戸時代(18世紀)
素材・技法 絹本著色 一幅
サイズ 96.5×37.3㎝

解説

本図は、桟橋に立つ深川芸者と、三味線箱をかかえ猪牙(ちょき)船の舳先を押さえてしゃがみ込んでいる仲居を描いたものである。桟橋上にあぶなげに立つ両人を支えるように、大きく描かれた三味線箱が画面に安定感を与え、川風に波立つ川面の描写も見事である。川風にはだける裾前を押さえながら見返る芸者の容姿には、粋な深川芸者の気質が感じられ、透綾の絣から透けて見える朱赤の長襦袢の表現や、女性の表情・姿態の描写に歌麿の円熟した技量が見られる。