青磁百足硯

越州窯

作品情報

データ

作者 越州窯
時代 中国・隋~唐時代(7世紀)
素材・技法
サイズ 高8.1㎝口径24.8㎝ 底径29.9㎝ 

解説

陶磁製の円面硯であり、墨を磨(す)る陸を中央に広くとり、周辺をくぼめて墨液が入る海とし、たくさんの百足(むかで)風の足でこれを支えている。こうした形式の陶磁製の硯は、中国では六朝から隋・唐時代に好んで用いられたとされる。この硯の足は古式に属するもので、紐状の土を上下に渡して押しつけ、中ほどの細くした部分に三本の線を施して表されている。従来知られている陶磁製の硯の中では、この硯は古い形式に属するものであり、最も大型の作品として注目されている。側面に淡い朽葉(くちば)色の青磁釉がかけられているが、陸の部分と裏側は露*ろ*胎*たい*になっている。たくさんの小さいつくで支えて重ね焼きをしたらしく、陸にも底裏の露胎の部分にも目跡(めあと)が円形に並んでいる。広い意味でいう越州窯の製品で、世界でも他に類を見ない、作行きの優れたものである。