志野遠山檜垣文茶碗 銘 山路

作品情報

データ

時代 桃山時代(16世紀)
素材・技法
サイズ 一口 口径13.6×12.0㎝ 高10.3㎝  高台径5.7㎝  

解説

志野は、桃山時代の天正・文禄年間(1573~96)頃に美濃で作られた、わが国最初の白い釉のかかった焼きものである。温かく柔らかい感じのする、わが国独特の焼きものとして、多くの人から親しみをもたれている。 本図の茶碗は、百草(もぐさ)土と呼ばれる志野特有の柔らかみのある土を用いて、厚手で大振りに挽 (ひ)き上げられている。志野茶碗としては"作意"(創意工夫)のある姿で、腰は高く、見込みが深い。口縁は山の端風に変化をつけ、これに呼応した気分で腰回りに箆(へら)目を一条引いている。胴には遠山に檜垣と松を鉄絵具で描き、その上に長石釉を厚くかけている。釉は滑らかに溶けて釉肌に温かみを感じさせ、火色も見えている。内箱蓋表に金粉字形で「志野 山路」と記されている。