色絵花筏文皿 鍋島

作品情報

データ

時代 江戸時代(17世紀末~18世紀初期)
素材・技法
サイズ 五客揃 高5.4㎝ 径22.2㎝ 高台径10.7㎝

解説

七寸皿のなかでも代表的な作振りのものである。花筏文は尺皿のもあるが、これは七寸皿五客揃いで鍋島ならではの華やかさである。本作品の意匠は和風文様の典型で流水と筏の濃淡の染付濃(だ)み描きが、鍋島独特の優美さを持ち、桜花の赤の線描きもくっきりと描かれている。高台は櫛目文である。