展覧会

琳派−光悦と光琳

2018.06.08|金| - 2018.07.17|火|

概要

Overview

琳派は、狩野派・土佐派のような家系や師弟関係を中心とした流派とは違い、作風に対する共感等により、後の作家達に継承されました。江戸初期の本阿弥光悦や俵屋宗達により萌芽し、元禄を中心に、尾形光琳・ 乾山へと継承され、江戸後期の文化・文政期に光琳に傾倒した酒井抱一・鈴木其一がその芸術の再興を志しました。本展では、当館琳派コレクションから、光悦と光琳の作品を中心に琳派作品を展観し、今なお私達の生活の中に生き続ける装飾芸術の粋、琳派の魅力に迫ります。

Facilities