展覧会

リニューアル3周年記念 名品展 第2部 桃山・江戸の華とわび

2019.09.27|金| - 2019.10.28|月|

概要

Overview

 桃山時代には、華やかな金碧障屏画が城郭や邸宅を飾る一方、茶の湯の世界では、舶来した唐物の賞翫に加え、不完全・不定形や自然の生地の美を志向する「わび茶」が千利休によって大成しました。
 戦国の乱世が終わり泰平の世を迎えると、生活を謳歌する気分が高まり、祭礼や遊楽などの風俗を画題とする絵画が隆盛し江戸中期になると、大衆の好尚に応え歌舞伎や吉原の遊女などを主題とした浮世絵が流行しました。
 本展では、重文「湯女図」などの近世初期風俗画、勝川春章筆 重文「雪月花図」をはじめとする浮世絵の名品、さらに利休の創意による長次郎作「黒楽茶碗 あやめ」など、華やかさとわびの美意識が共に高揚した桃山・江戸時代の美術を所蔵品より精選し紹介します。

重文 雪月花図 勝川春章 江戸時代 18世紀

 

重文 婦女風俗十二ヶ月図 勝川春章 江戸時代 18世紀

 

黒楽茶碗 銘 あやめ 長次郎 桃山時代 16世紀

 

瀬戸黒茶碗 銘 ワラヤ 桃山時代 16世紀