展覧会

所蔵 浮世絵展 江戸の華

2020.12.19|土| - 2021.01.19|火|

概要

Overview

江戸時代、大都市に成長した江戸では、活発な経済活動を背景に町人の文化が開花し、庶民の関心事を主題とする浮世絵がめざましく発展しました。その担い手として、菱川師宣、勝川春章、喜多川歌麿などの個性豊かな浮世絵師たちが登場し、華やかな小袖をまとった遊女や市井の看板娘を生き生きと描き出しました。本展では当館コレクションの中より、勝川春章の代表作である2件の重要文化財「雪月花図」、「婦女風俗十二ヶ月図」など肉筆美人画と浮世絵版画の優品を選りすぐって展観いたします。時代の好尚を反映した華やかな浮世絵の世界をお楽しみください。

 

◆展示目録はこちら