光のアートで遊ぼう!

光のアートで遊ぼう!

2014年7月11日(金)~9月3日(水)

2011年に当館で開催した「遊ぶ☆楽しむ☆光のアート」展から3年。好評にお応えして、このたび、新たなラインナップで特別展「光のアートで遊ぼう!」を開催致します。本展では、作品の前に立ち、身体を動かしたり、触れたりすることで、美しく、おもしろく変形する体験型アートの数々、約10作品を紹介します。夏休みのひととき、国内外で活躍するメディアアーティストによる、子どもから大人まで楽しめる光の現代アートが、ご家族で体感できます。

 

主な作品

cage_tsuruoka3

《Cage for Kage》
柱の近くを歩くと、鳥や動物の「かげ」が柱と柱の暗がりからあらわれます。

プラプラックス(近森基/久納鏡子/筧康明/小原藍)
2002年頃よりコラボレーションを開始。インタラクティブアート分野での制作の他、公共空間や商業スペースでの空間演出やプロダクトデザイン等、幅広く活動している。

©plaplax

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

《光であそぶ -Wave-》
約2万個のビー玉を敷き詰めた光の水面。表面の布をはためかせると、ビー玉の光が美しく混ざり合います。

アトリエオモヤ
代表の鈴木太朗氏を中心に、プロジェクトごとに違った感性が集うことで、新たなかたちの芸術を志向している。その作品は、日常のささやかな自然や物理現象をアートに変換することで、新しい驚きを与えている。

©Atelier OMOYA

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

《がそのもり》
真っ白な本を持って移動すると、最小限の画素(ピクセル)で描いたお話のアニメーションが映し出されます。

重田佑介
東京藝術大学大学院を修了。デジタルやメディアの特性から表現を発想し、コンテンツに落とし込む制作を続けている。

©yusuke SHIGETA

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

《Dancing Mirror》
スクリーンの前で動くと、少し前のあなたの動きが、音楽にあわせて早送りや巻き戻し再生され、まるでダンスのようになります。

松村誠一郎
東京工科大学准教授。知覚情報を用いたインタラクティブアート作品の制作、サウンドデザインの研究を進めている。

©seiichiro MATSUMURA

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

《Lifelog_シャンデリア》
ガチョウの翼でできたシャンデリア。空間の微風をうけて回転し、木漏れ日のような光によって、美しい影が現れます。

小松宏誠
自然現象をコントロールした装置による、詩的な空間表現に定評がある。近年では、鳥の進化・構造・存在の美しさに着目した作品の制作を展開している。

©kosei KOMATSU

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

on the fly paper (7) ← 画像をクリック

《ON THE FLY PAPER》
紙のカードをテーブルの上に置くと、文字や映像が浮かび上がり、すばやく紙を動かしても正確に投影されます。

緒方壽人
東京大学工学部卒。現在、takram design engineeringに所属。ハードウェア、ソフトウェアを問わず、デザイン、エンジニアリング、サイエンスなど、領域横断的な活動を行っている。

©hisato OGATA  協力:千葉工業大学

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------