施設案内 – エスカレーター

エントランスから美術館本館まで約60mの高低差があり、総延長200mにおよぶ7基のエスカレーターが設置されています。壁面や天井は照明が刻々と変化し、色彩のグラデーションを楽しむことができます。
エスカレーターの途中の直径約20mの円形ホールでは、依田満・百合子氏による日本最大の万華鏡のマッピングがご鑑賞いただけます。
エスカレーターの設置にあたっては、自然環境をそこなわないように配慮し、山の斜面を上から掘り下げて通路を設置し、完成後もう一度土を盛って木を植え、元通りの山に復原してあります。