お知らせ

Information

「神仙郷 名勝指定」

令和3年3月26日に、箱根美術館が建つ「神仙郷」が、国の名勝の指定を受けました。

「神仙郷」は、当館創立者岡田茂吉が、昭和19年から28年までの戦中戦後の混乱期に造営した庭園です。築山、渓流、瀧、園路などを組み合わせ回遊しつつ楽しむ「石楽園」、柔軟な緑の布地のような苔と紅葉の美を競わせた「苔庭」、あるいは美術館へ巧みに人を誘う「竹庭」などにより構成され、その中に国登録有形文化財「神山荘(旧藤山雷太別荘)」、「観山亭」、「日光殿」、「箱根美術館本館・別館」、茶室「山月庵」をはじめとする建物が配されています。


コロナ感染症対策

箱根美術館は、感染予防対策を徹底して開館いたします。ご来館の皆様に安心してご鑑賞いただけますよう、感染予防対策に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

休館日:毎週木曜(※MOA美術館は休館日•要確認)

開館9:30–16:30(最終入館16:00まで)

◎茶室真和亭は、4/28と5/6にメンテナンスの為、お休みさせていただきます。

■マスクの着用をお願いするとともに、「咳エチケット」にご協力ください。

■発熱や体調がすぐれない方はご来館をお控えください。

■館内各所に消毒液を設置しています。手指の消毒やこまめな手洗いにご協力をお願いします。

■混雑時には、入場制限を行うことがあります。

■チケット売り場や展示室内では、密にならないよう距離を保ち、大きな声での会話はお控えください。

今後の社会情勢を踏まえ変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください。

オンラインチケット販売開始