「日本近現代の日本画と工芸」の展示

6/30~8/16(予定)

所蔵の近現代の日本絵画と工芸作品を展観いたします。工芸作品としては、漆工芸の音丸耕堂、増村紀一郎、小森邦衛、陶磁器では11代三輪休雪、伊勢崎淳など、それぞれ人間国宝に認定された作家の作品をはじめ、陶芸家で初めて文化勲章を受章した板谷波山の気品ある作品などを展示、また秋野不矩、下保昭 等の日本画も展示します。