大名品展「紅白梅図屏風」と「色絵藤花文茶壺」

大名品展「紅白梅図屏風」と「色絵藤花文茶壺」

2016年01月29日(金)~03月06日(日)

大名品展「紅白梅図屏風」と「色絵藤花文茶壺」 MOA美術館コレクションの全貌を紹介!開館以来、最高のライン・アップ 国宝3件、重要文化財およそ50件を一挙公開!

 

MOA美術館は、創立者・岡田茂吉が戦後蒐集したコレクションをもとに昭和57年に開館しました。その内容は、日本・中国を中心とする絵画、書跡、彫刻、工芸等、多岐にわたり、国宝3点、重要文化財65点、重要美術品46点を含む約3500点で構成されています。

なかでも琳派の大成者である尾形光琳の代表作として知られている「紅白梅図屏風」(国宝)と京焼の大成者 野々村仁清の茶壺の中でも最高傑作として名高い「色絵藤花文茶壷」(国宝)は、その中心をなすものです。
平成28年3月に迎えるリニューアル休館前、最後の展覧会となる本展は、「大名品展」として二大国宝に加えコレクションの各ジャンルより厳選した名品をかつてない規模と内容で紹介します。この機会に日本・東洋美術の精華を是非ご堪能ください。

国宝3点と主な作品をご紹介いたします。詳しくはこちらをご覧ください
大名品展出品目録はこちらをご覧ください