アルゲリッチ&マイスキー スペシャルコンサート2018.06.08 |金| 開催

◆日時:2018年6月8日│金│
◆場所:MOA美術館 能楽堂
◆開場 18:30 / 開演19:00 /終演予定21:00
開催中の展覧会「琳派 ─ 光悦と光琳」もご覧いただけます。
コンサート当日は18:30まで開室いたします。

◆座席表はコチラ

◆料金:全席指定 48,000 円

主催:公益財団法人岡田茂吉美術文化財団
協力:公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団

マルタ・アルゲリッチ│ピアノ│

アルゼンチンのブエノス・アイレス生まれ。名実ともに世界の頂点に立つピアニストとして その活動は常に世界中の音楽ファンから注目されている。神童として早くから注目を浴び、ヨーロッパに渡り1957 年ブゾーニ国際ピアノ・コンクールおよびジュネーヴ国際ピアノ・コンクールで優勝。1965 年ショパン国際コンクール優勝以来今日まで世界中の著名なオーケストラや指揮者、音楽祭から絶えず招きを受けている。1994 年から別府ビーコンプラザ・フィルハーモニアホール名誉音楽監督に就任。1998 年より「別府アルゲリッチ音楽祭」総監督を務め、アジアをはじめ世界の音楽家との共演を行っているほか、若手音楽家の育成にも力を注ぎ、自らマスタークラスで指導にあたるなど、その革新的な音楽創造への試みは日本をはじめ世界の音楽界に多大な影響を与え続けている。常に人気投票1位を誇り、音楽専門誌での音楽評論家、ジャーナリストによる投票では群を抜いて1 位に輝いている。ヨーロッパでの数々の叙勲をはじめ日本においても 2005 年、( 財) 日本美術協会主催の「第 17 回高松宮殿下記念世界文化賞」「音楽部門」 受賞、また、同年、別府アルゲリッチ音楽祭の功績を評価され、日本国政府より「旭日小綬章」 受章。2016 年、初来日から46 年間の音楽活動はもとより当財団の活動でもある音楽文化の発展 及び友好親善に寄与した功績が認められ日本国政府より旭日中綬章を受章。また芸能分野でアメリカの芸術文化に大きな功績を残した人に贈られるケネディ・センター名誉賞を受賞。2007 年3 月、財団法人アルゲリッチ芸術振興財団総裁に、2013 年9 月、公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団総裁に就任。

ミッシャ・マイスキー│チェロ│

ラトヴィア共和国生まれ。ロシアで学び、のちにイスラエルに移住。以後、ロンドン、パリ、ベルリン、ウィーン、ニューヨーク、東京をはじめ世界の主要コンサートホールで演奏活動を展開、熱狂的な支持を受け続けている。これまでにバーンスタイン、ジュリーニ、マゼール、メータ、ムーティ、バレンボイムといった名指揮者たち、さらにアルゲリッチ、キーシン、ランラン、クレーメル、バシュメット、レーピンほか世界のトップ・アーティストらと共演している。 マイスキーの録音は世界各地で高い評価を得ており、日本のレコード・アカデミー賞を 5 回、エコー・ドイツ・シャルプラッテン賞を3 回、パリのディスク・グランプリ賞など受賞、グラミー賞にもノミネートされている。使用楽器は、1973 年にニューヨークのカーネギーホールにデビューした後に篤志家から贈られた1720 年製のモンタニャーナ。

 

[出演]
マルタ・アルゲリッチ │ピアノ│
ミッシャ・マイスキー │チェロ│

[プログラム]
L.v. ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第2番 ト短調 op.5の2
C.ドビュッシー:チェロとピアノのためのソナタ
C.フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調

※事情によりやむを得ず、出演者、曲目が変更になることがありますが、公演中止の場合を除き、チケット料金の払い戻しは致しませんのでご了承ください。

◆一般発売:4月16日│月│10:00 より販売開始
 館内受付及び電話予約にてお求めいただけます。
 電話申込の場合は、予約後、チケット代金を郵便振替でお振込みください。
 入金確認後チケットを送付いたします。
 MOA美術館能楽堂 tel.0557-84-2500
 口座番号:00860-2-187378 「MOA美術館能楽堂」
 e+(イープラス): http://eplus.jp [店頭購入]ファミリーマート
 チケットぴあ:http://t.pia.jp
 [店頭購入]セブンイレブン、サークルK・サンクス、ぴあ各店舗
◆先行予約[MOA美術館友の会会員]:4月1日│日│10:00 より受付開始
 館内受付及び電話予約にて承ります。(同伴者1名まで)

アルゲリッチ&伊藤京子 スペシャルコンサートat NOGAKUDO 2017年5月24日(終了) MOA美術館 能楽堂

日本の文化がすばらしかったです。能楽堂という幽玄の世界へと導く特別な場所で、演奏できたこととても感動し、本当に嬉しかったです。演奏の世界も同じことで、非常に心を動かされました。京子との演奏もとても楽しかったです。また、若い演奏者アマービレは多くの事を感興し、自然な音楽の流れで、学び取ってくれたと思います。本番が一番素晴らしい演奏でした。とにかく、能楽堂で演奏できたことが、本当に嬉しくとても感動しました。   マルタ・アルゲリッチ

◆公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団公式サイトはコチラ

 チラシデータはコチラ

Facilities