リニューアルについての記者発表会を開催しました

dsc_5437

 

10月19日、京都造形芸術大学藝術学舎外苑キャンパス(東京都港区)にてMOA美術館のリニューアル・オープンに向けて、新たに加わる施設を始め、新しい美術館の姿を紹介しました。

MOA美術館館長 内田篤呉から改修の概要とMOA美術館の方向性について、改装のデザインを担当した新素材研究所の杉本博司氏から改修のコンセプト、榊田倫之氏がデザイン設計の概要を説明しました。

 

10月25日には、地元で改修中のMOA美術館に来館いただき、記者会見を行い一足先に工事を終えた一部の展示室を公開しました。

マスコミ関係者は、杉本博司氏の洗練されたデザインと、黒漆喰をはじめ、行者杉、屋久杉、畳などの日本の伝統的素材が用いて、美術品の美しさを身近に感じ、生まれ変わった展示室を熱心にご覧になり、2月のオープンに期待の声が寄せられました。

dsc_5377

dsc_5420dsc_5511

dsc_5485