熱海おすすめ観光スポット

MOA美術館の施設案内はこちら
MOA美術館のグルメ情報はこちら

 


 
熱海市内おすすめ観光スポット
熱海の歴史と文化

 

 

熱海市内おすすめスポット 歴史と文化1
伊豆山神社


熱海の北東、海抜170メートルの山中にある伊豆第一の名社です。創建は応神天皇2年(271)年ともいわれ、源頼朝や足利尊氏、徳川家康など歴代の将軍が篤く信仰しました。現在では境内の一部がハイキングコースになっており、平安時代の和歌にも登場する子恋の森では、バードウォッチングを楽しむこともできます。

 

[伊豆山神社]
所在地: 静岡県熱海市伊豆山708−1
アクセス: JR熱海駅より七尾団地方面行きバスにて約10分→伊豆山神社前下車

 

 

熱海市内おすすめスポット 歴史と文化2
来宮神社


熱海市街中心部にある神社です。奈良時代に樹木と自然保護の神である五十猛命(いたけるのみこと)のお告げで浜辺のクスノキを祀ったのが由緒と伝わり、以来伊豆熱海の鎮守来宮明神として鎮座しています。境内には樹齢二千年を超えたクスノキがあり、パワースポットとして近年注目を集めています。

 

[来宮神社]
所在地:静岡県熱海市西山町43−1
アクセス:熱海駅より元箱根または西山方面行きバスにて約15分→来の宮神社前下車

 

 

熱海市内おすすめスポット 歴史と文化3
起雲閣


和館2棟、洋館2棟と庭園からなる旧別荘です。大正~昭和初期に建てられ、船舶事業の内田信也、次いで根津嘉一郎が使っていました。和館では伝統的な書院造を基調としながらも、青漆喰の壁などモダンな室内装飾が施されています。和洋折衷的な趣向が凝らされ、別荘地として発達した熱海の町の歴史が感じられます。

 

[起雲閣]
所在地:静岡県熱海市昭和町4-2
アクセス:JR熱海駅より相の原方面行きまたは起雲閣循環バスにて約10分→起雲閣前下車

 

 

熱海市内おすすめスポット 歴史と文化4
旧日向別邸


アジア貿易で成功した日向利兵衛が昭和10~11年(1935~37)にかけて建設した別荘で、本館の設計は東京国立博物館の本館を手掛けた渡辺仁が手掛けました。ドイツの建築家ブルーノ・タウトが室内の設計を手がけた地下室は日本に現存する唯一のタウトの建築作品であり、国の重要文化財に指定されています。熱海の海沿い、東山という小高い地区に位置しています。

 

[旧日向別邸]
所在地:静岡県熱海市春日町8-37
※現在、保存修理工事実施のため休館中

 

 

熱海市内おすすめスポット 歴史と文化5
双柿舎


シェークスピアの翻訳で知られる坪内逍遥の別荘です。建物から庭の木々にいたるまで逍遥自身によって工夫・設計され、シェークスピアの「リヤ王」から示唆を得たとされる翡翠の風見など要所に逍遥の好みが反映されています。「双柿舎」の名前は庭に植えられた2本の柿の木にちなんでいます。

 

[双柿舎]
所在地:静岡県熱海市水口町11-17
アクセス:熱海駅より相の原方面行きバス利用約10分→来宮駅前下車→徒歩約5分
JR熱海駅よりタクシー利用約10分

 

 

熱海市内おすすめスポット 歴史と文化6
お宮の松


明治時代の新聞小説『金色夜叉』の舞台のひとつになった松です。同作の名場面、主人公の間寛一が許嫁のお宮に別れを告げる場面の舞台で、付近には彫刻家・館野弘青(1916-2005)が制作した寛一・お宮の像と、『金色夜叉』の記念碑が建てられています。現在の松は昭和41年(1966)に2代目お宮の松として植えられたものです。

 

[お宮の松]
所在地:静岡県熱海市東海岸町(国道135号 下り車線沿い)
アクセス:JR熱海駅より徒歩約15分 JR熱海駅より熱海港方面行きバスにて約5分→お宮の松下車

 

 


 

熱海の温泉と景勝地

 

熱海市内おすすめスポット 温泉と景勝地1
走り湯


伊豆山神社から100段以上ある階段を下り、浜辺近くにある奥行5mの洞窟です。山岳信仰の開祖である役小角(634-701)が伊豆に島流しされた折に開拓したと伝わっています。湯が走るように湧き出して海にそそぐさまから、のちに「走湯」と名付けられ、諸々の罪もきえる霊湯(走湯権現)として伊豆山神社の信仰と結びつきました。

 

[走り湯]
所在地:静岡県熱海市伊豆山604-10
アクセス:熱海駅より「湯河原」方面行きバスにて約5分→「逢初橋」下車→徒歩約10分

 

 

熱海市内おすすめスポット 温泉と景勝地2
日航亭 大湯


熱海七湯の一つである大湯間欠泉のほど近くにある日帰り温泉施設です。大湯は熱海に古くから存在する泉源で、かつては天然の間欠泉が噴出していました。江戸時代には徳川家康がお忍びで湯治に訪れていたと伝わり、間欠泉から湧き出た湯は歴代将軍家御用の「御汲湯」として江戸城下に運ばれていました。

 

[日航亭 大湯]
所在地:静岡県熱海市上宿町5−26
アクセス:熱海駅より徒歩12分
営業時間:AM 9:00~PM 8:00(最終受付PM7:00)
定休日:火曜(祝日の場合は翌日休)

 

 

熱海市内おすすめスポット 温泉と景勝地3
古屋旅館


創業200年、熱海七湯の一つ「清左衛門の湯」源泉をもつ歴史ある旅館で、明治時代には文豪・徳富蘇峰がたびたび滞在していました。創業時代から「加水・循環・過熱無し」の源泉かけ流しを保つ湯は、いまもなお宿泊客を魅了しています。

 

[古屋旅館]
所在地:静岡県熱海市東海岸町5-24
アクセス:熱海駅より徒歩15分

 

 

熱海市内おすすめスポット 温泉と景勝地4
熱海梅園


明治19年(1886)に当時湯治場として栄えていた熱海の町の、新たな行楽スポットとして開園しました。山あい約1万坪の土地を開拓して植えられた梅は、毎年11月下旬~12月上旬に第一号が開花する日本で最も早咲きの梅として知られています。毎年1月から3月にかけては「熱海梅園梅まつり」が開催され、多くの観光客でにぎわっています。

 

[熱海梅園]
所在地:静岡県熱海市梅園町8-11
アクセス:熱海駅より徒歩12分 営業時間:入園の時間制限なし(ライトアップは「もみじまつり」期間中のみ実施)
定休日:無休

 

 

熱海市内おすすめスポット 温泉と景勝地5
初島


初島は相模湾に浮かぶ静岡県唯一の離島で、今からおよそ5万年前前後に生まれたと考えられています。古くから風光明媚な場所として知られ、鎌倉時代には源実朝が箱根・伊豆山の参拝の折に詠んだ歌に登場します。現在は東京から最も近い島といわれ、ダイビングスポットや、海岸のあるリゾート地として観光客が訪れています。

 

[初島]
所在地:熱海市初島
アクセス:熱海港・伊東港より定期便が出航

 

 

熱海市内おすすめスポット 温泉と景勝地6
十国峠


熱海の北、箱根外輪山へと続く峠で、国の登録記念物に指定されています。かつて「十の国(伊豆、相模、駿河、遠江、甲斐、安房、上総、下総、武蔵、信濃)と五島(大島・新島・神津島・三宅島・利島)」を見渡せたことが地名の由来といわれています。現在は中腹から山頂へケーブルカーが通っており、富士山をふくむ360°の眺望を楽しむことができます。

 

[十国峠]
所在地:静岡県田方郡函南町桑原1400-20
営業時間:ケーブルカー8:50~16:50
料金:大人(中学生以上)730円・こども370円
アクセス:JR熱海駅より元箱根方面行きバスにて約40分→十国峠登り口下車

 

 


 

熱海のグルメ

 

熱海市内おすすめスポット グルメ1
三松鮨


昭和21年に創業した三松鮨は、戦後まだ物資も少ない中で本格的な西洋料理に取り組んだ洋食屋です。いまなお受け継がれるデミグラスソースは、志賀直哉、谷崎潤一郎など多数の文豪を虜にしました。明治大正期の文学を支えた志賀直哉は、明治26年に熱海を訪れて以来、晩年まで熱海に魅せられた人物の一人です。

 

[三松鮨]
所在地:静岡県熱海市銀座町4-6
アクセス:JR熱海駅より徒歩約15分

 

 

熱海市内おすすめスポット グルメ2
スコット


昭和21年に創業したスコットは、戦後まだ物資も少ない中で本格的な西洋料理に取り組んだ洋食屋です。いまなお受け継がれるデミグラスソースは、志賀直哉、谷崎潤一郎など多数の文豪を虜にしました。明治大正期の文学を支えた志賀直哉は、明治26年に熱海を訪れて以来、晩年まで熱海に魅せられた人物の一人です。

 

[スコット]
所在地:静岡県熱海市渚町10-13
アクセス:JR熱海駅より徒歩約15分 JR熱海駅よりバスにて約10分→銀座バス停下車

 

 

熱海市内おすすめスポット グルメ3
釜つる


江戸時代から5代続く干物屋で、地魚を中心に常時30種類以上の干物を取り扱っています。谷崎潤一郎、志賀直哉など、多くの文化人が訪れました。直営の和食処「釜つる」では、特性の干物をはじめ地場食材を使用した海鮮料理を提供しています。

 

[釜鶴ひもの店 本店]
所在地:熱海市銀座町10-18
営業時間:8:00 ~ 18:30 ※現在短縮営業中9:00~17:00

[海鮮楽膳 釜つる]
所在地:静岡県熱海市銀座町10−11 シグマアルスビル 1F
アクセス:JR熱海駅より徒歩約15分
営業時間:<昼> 11:30~14:30 (LO.14:00)
<夜> 17:30~21:00 (LO.20:30)
定休日:毎週水曜日、第3木曜日※月によって変わる可能性があります。

 

 

熱海市内おすすめスポット グルメ4
あをきのひもの


明治時代創業の老舗で、薄塩・天日干しにこだわった伝統の味を守り続けています。明治には多くの元勲が訪れ、初代総理大臣を務め、美食家でもあった伊藤博文に「ひものはこんなにおいしいものか!」と言わしめたと伝わっています。

 

[あをきのひもの 本店]
所在地:静岡県熱海市銀座町10-20
営業時間:8:30~18:00
定休日:木曜日

 

 

熱海市内おすすめスポット グルメ5
わかなや


明治38年(1905)創業の和菓子の老舗です。明治半ばから大正時代にかけて熱海に御用邸が存在したころ、皇室御用達として唯一御用邸への出入りを許されていました。名物は昭和天皇がお召し上がりになったともいう糸切りだんご。棒状に伸ばした草餅を三味線の糸で切って作るという創業以来受け継がれた製法で、変わらない味を保ち続けています。

 

[わかなや]
所在地:熱海市中央町3-3
営業時間:9:00~19:00
定休日:水曜日、月末日