展覧会

木版画紀行 吉田博と川瀬巴水

2021.12.18|土| - 2022.01.25|火|

概要

Overview

吉田博(1876-1950)は、水彩画、油彩画、木版画の分野で日本の西洋画壇を牽引した画家です。44歳で渡辺木版画舗から初めて木版画を出版した後、49 歳で自身の監修による木版画作品を発表し、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な木版画技法を統合した新しい木版画を創造しました。

川瀬巴水(1883-1957)は、27歳で鏑木清方に師事し、35歳の時に同門の伊東深水による風景版画に感銘を受けて版画の制作を開始し、木版画専門の絵師として活躍しました。

博と巴水は共に旅を愛し、生涯を通じて日本および世界を旅行しては、旅の写生に基づく版画を制作しました。彼らの清新な作品は国内外で高く評価されています。

本展では、吉田博の北米ワシントン州の最高峰を描いた「レニヤ山」や川瀬巴水が晩年に近畿旅行を経て描いた「和歌浦観海閣」など版画約80点を紹介します。

主な展示作品

Main Works

「レニヤ山」

吉田博

「ヴェニスの運河」

吉田博

「日本アルプス十二題の内 劔山の朝」

吉田博

「瀬戸内海集 光る海」

吉田博

「タジマハルの朝霧 第五」

吉田博

「和歌浦観海閣」

川瀬巴水

「吉野川 柳の渡」

川瀬巴水

「洗足池乃残雪」

川瀬巴水