西行物語絵巻断簡

(画)俵屋宗達 (詞)烏丸光広

作品情報

データ

作者 (画)俵屋宗達 (詞)烏丸光広
時代 江戸時代 寛永七年(1630)
素材・技法 紙本著色 二幅
サイズ (画)32.9×96.8㎝  (詞)32.7×96.8㎝

解説

『西行物語』は、鳥羽院の北面の武士であった佐藤兵衛尉義清(のりきよ)が、一族である藤原憲康の突然の死に無常を感じ、出家して諸国を行脚、吟詠したという西行の一代記を史実・虚構を織りまぜて構成したもので、西行物語絵巻はそれを絵画化したものである。
西行物語絵巻には、鎌倉から室町時代にかけての数種類の異本が知られているが、本図は海田采女佑相保(かいだうねのすけすけやす)が描いた明応九年(1500)の奥書をもつ祖本をもとに、宗達が絵を模写し、烏丸光広(1579~1638)が詞書を書写した作品の断簡である。本図の模本は、寛永七年に光広の依頼によって写したものといわれる。