イベント・ピックアップ

二十六世観世宗家 観世清和師ご来演

熱海座 五月演能会

2021.05.22|土|

概要

Overview

「熱海座」は、世界的観光地・熱海市が推進する「国際観光温泉文化都市」づくりに寄与すべく、MOA美術館能楽堂から日本を代表する芸能や音楽等を広く発信するイベントです。今回は、二十六世観世宗家、観世清和師による能「葵上」を上演いたします。

日本の古典文学を代表する源氏物語。世界最古の小説とも言われ、一昨年、ニューヨークのメトロポリタン美術館で大規模な源氏物語展「the Tale of Genji : A Japanese Classic Illuminated」が開催される等、海外でも高く評価されています。主人公の光源氏は、亡き母に似た女性、藤壺の面影を生涯追い求め、多くの女性と恋愛を重ねますが、能「葵上」では、正妻の葵上に嫉妬する7歳年上の愛人、六条御息所の恋の妄執が描かれます。
光源氏の正室である葵上に取り憑いた物の怪の正体を暴く為、照日の巫女が呼ばれます。やがて姿を現した物の怪の正体は、六条御息所の生霊でした。御息所は激しい嫉妬の炎を燃やし葵上を打ち据えますが、比叡山から招かれた横川の小聖の祈祷により、心和らげ執心を晴らすのでした。
六条御息所は元皇太子妃で教養のある高貴な女性ですが、そのプライドの高さから光源氏の足も遠のきます。光源氏の姿を一目見ようと密かに訪れた賀茂祭でも、後から来た葵上一行に御息所の車は追いやられてしまいます。この車争いをきっかけに、募る恨みが生霊となり葵上を苦しめるようになったのです。演じるのは二十六世観世宗家、観世清和です。
千年の時を超えて読み継がれてきた源氏物語の世界を、名曲「葵上」でどうぞお楽しみください。

◆2021年 熱海座  5月演能会
開催日時:2021年5月22日(土)13時30分開演

能「葵上」梓之出 空之祈
シテ  観世 清和
ツレ  武田 宗典
ワキ  福王 和幸
ワキツレ  矢野 昌平
アイ  善竹大二郎
笛   松田 弘之
小鼓  観世新九郎
大鼓  安福 光雄
太鼓  梶谷 英樹

狂言 大蔵流「長光」
シテ  善竹  十郎
アド  善竹大二郎
アド  野島 信仁

◎座席表はコチラ

 SS席 一 般  ¥8,000(友の会 ¥7,000)
   S席 一 般  ¥7,500(友の会 ¥6,500)
   A席 一 般  ¥5,000(友の会 ¥3,500)
   B席 一 般  ¥4,000(友の会 ¥2,500)

※演能会チケットにて、「粋と艶 ー江戸のトップスターたちー」の展示もご覧いただけます。

 

新型コロナウイルス感染症への対応について
・消毒用アルコールを設置していますので入退場の際にご利用ください。
・扉、座席等直接触れる機会の多い部分につきましては、定期的に除菌作業を行っています。
・スタッフはマスク着用での対応をさせていただきます。

お客様へのお願い
・マスクの着用、咳エチケットへのご協力をお願いいたします。
・咳、のどの痛み、発熱などの体調不良をお感じの場合、恐れ入りますが、ご来場をお控えくださいますようお願い申し上げます。

【問い合わせ】
MOA美術館 能楽堂係 0557-84-2500