冨嶽三十六景 凱風快晴

葛飾北斎

作品情報

データ

作者 葛飾北斎
時代 江戸時代(19世紀)
素材・技法 横大判錦絵揃物 四十六枚揃の内
サイズ 24.6×35.0㎝

解説

葛飾北斎(1760~1849)は、本格的な風景版画を創造した画家として知られる。「冨嶽三十六景」は、北斎の風景版画の代表作で、天保2年(1831)頃から制作された全四十六枚の揃物で、富士の周辺を巡る、あらゆる場所、あらゆる距離からの富士を題材にしながら、特に働く人々の姿を通し、庶民の生活につながる富士を描いているところに特色がある。なかでも最高傑作として知られ、俗に「赤富士」の名で親しまれているのがこの凱風快晴である。藍・緑・褐色等の単純な色彩を用いながらも、晴れやかな早朝の富士を巧みに描き出している。