展覧会

特別展 URUSHI 伝統と革新

2019.03.15|金| - 2019.04.16|火|

概要

Overview

日本は世界に卓越する工芸の伝統を有し、なかでも漆芸は、日本を代表する工芸として1300年以上の永い歴史を持ち、芸術的にも技術的にも高度の発達をとげ継承されてきました。
近代以降多くの漆芸家が、漆芸の近代化と普及に尽力して礎を築き、昭和29年には日本工芸会が発会し、日本伝統工芸展は作家らの活躍の場となりました。本展は、同会の漆芸部会展である日本伝統漆芸展が第35回展を迎えることを記念して開催するもので「江戸時代末期から戦前までの近代の名匠」、「重要無形文化財制度と日本工芸会」、「日本伝統漆芸展の開催」、「11名の重要無形文化財保持者を中心に現在活躍している作家たち」の4つのテーマを設け、近代から現代への漆芸の歩みを俯瞰します。
伝統的な技の継承とともに革新的な新たな創作に取り組んできた漆芸の世界をご堪能ください。

赤とんぼ蒔絵箱 松田権六 昭和44年(1969) 東京国立近代美術館

蒟醤蒔絵食籠 水の音 山下義人 平成6年(1994) 東京国立博物館
Image:TNM Image Archives

瓢果蒔絵合子 室瀬和美 平成26年(2014) MOA美術館

籃胎食籠 冬曙 小森邦衞 平成27年(2015) 個人

蝶牡丹蒔絵沈箱 白山松哉 制作年未詳 MOA美術館