プライバシーポリシー/サイトポリシー

沿革・創立者について

箱根美術館の創立者であり、後のMOA美術館の基礎を築いた岡田茂吉は、前半生を実業家として、そして後半生は宗教家として、明治・大正・昭和期の日本に希有な足跡を遺しました。
幼年期から骨董・絵画に深い関心を寄せていた岡田茂吉は、日本画家を志して岡倉天心が創設した東京美術学校(東京芸術大学美術学部の前身)に入学しますが、病により絵画修業を断念します。
健康を快復してからは、蒔絵制作に打ちこむなど工芸技法の習得に努め、簪・笄など婦人装身具の意匠考案と販売事業で成功し、各種博覧会でも高い評価を得て、青年実業家としての地位を確保しました。
しかし、身辺の不幸に重ねて関東大震災、世界恐慌などにより事楽も傾き、苦悩の裡に日々を過ごしました。そのような生活から脱するために哲学・思想・宗教の研究に没頭した岡田茂吉は、優れた美術品は人間の本質に強く働きかけ、広く社会人心を陶冶し、健全な社会を形成するという芸術的境地に到達します。
病貧争の克服と理想世界の実現を目指し、芸術の体験によって人の情操が高まる美のひな型を建設し、その中心に日本文化を世界に発信する美術館を創設することが、岡田茂吉の終生の願いでした。

創立者 岡田茂吉について

1882(明治15年) 東京都台東区橋場に生まれる。生家は江戸時代より代々続く富裕な質屋「武蔵屋」(12月23日)
1897(明治30年) 15歳 東京美術学校(現東京藝術大学)入学。後に眼疾のために中途退学
1905(明治38年) 23歳 東京都中央区八重洲に小間物小売商「光琳堂」開業
1907(明治40年) 25歳 東京都中央区京橋に装身具卸商「岡田商店」を開業
この頃、東京美術学校在学時の校長であった岡倉天心を訪問し、下村観山、木村武山らと日本美術の将来や琳派について歓談
1914(大正3年) 32歳 東京大正博覧会に自らデザインした簪を出展、銅賞受賞
1915(大正4年) 33歳 装身具「旭ダイアモンド」の特許を取得、当時の流行となる。この他世界九か国の特許を取得。
他に、11件の実用新案を取得。岡田商店の隆盛期を迎える
1919(大正8年) 37歳 取引銀行が倒産、事業に大打撃を受ける
1920(大正9年) 38歳 岡田商店再建のために出資者を募って株式会社とするも、世界的な「戦後恐慌」に苦しむ
1923(大正12年) 41歳 関東大震災のため事業に打撃
1935(昭和10年) 53歳 大日本観音会発会(1月1日)
東京都世田谷区上野毛「玉川郷」(後の宝山荘)に移転(10月1日)
1936(昭和11年) 54歳 病なき世界を目指して大日本健康協会創立(5月15日)
1937(昭和12年) 55歳 自然農法の研究を開始
1944(昭和19年) 62歳 箱根強羅へ移転。自然美と人工美の調和した芸術世界のひな型「神仙郷」の建築に着手(5月5日)
熱海市春日町「東山荘」に移転(10月5日)。以後、夏は箱根、秋から春を熱海で過ごす
1945(昭和20年) 63歳
熱海市伊豆山大久保の土地を購入。以降、芸術世界のひな型瑞雲郷の造営を開始
「色絵桃花文皿 鍋島」(重文)を購入し、本格的な美術品の収集を始める
1946(昭和21年) 64歳 「神仙郷」内に「観山亭」を建築(8月15日)
1948(昭和23年) 66歳 秋には熱海の「東山荘」から、同じく熱海「碧雲荘」に移転
1950(昭和25年) 68歳 世界救世教発会(2月4日)
「神仙郷」内に「山月庵」を建築
「樹下美人図」(重文)を購入し、海外流出を防ぐ
1951(昭和26年) 69歳 東京日比谷公会堂において「真文明の想像」を題して講演(5月22日)
1952(昭和27年) 70歳 箱根美術館開館(6月15日)
財団法人東明美術保存会設立(昭和57年にMOA美術・文化財団と名称変更(9月15日)
京都嵯峨野に平安郷の用地を入手。以降、造営に着手(10月18日)
世界ユネスコ本部に外務省情報文化局を通じて「湯女図」複製を寄贈(12月18日)
1953(昭和28年) 71歳 箱根美術館別館建設(5月25日)
自然農法普及会発足(12月1日)
「手鑑 翰墨城」(国宝)を収集
1954(昭和29年) 72歳 尾形光琳筆「紅白梅図屏風」(国宝)を収集(2月4日)
日本橋三越本店にて「肉筆浮世絵名作展」を開催(4月9日)
熱海「瑞雲郷」に水晶殿完成(12月11日)
1955(昭和30年) 73歳 野々村仁清作「色絵藤花文茶壺」(国宝)を収集(2月8日)
熱海「碧雲荘」にて午後3時33分逝去(2月10日)
1957(昭和32年) 熱海美術館開館(1月1日)
1982(昭和57年) MOA美術館開館
2002(平成15年) 『岡田茂吉全集』全三六巻(1992~2002)
2015(平成27年) 岡田茂吉記念館開館(京都 平安郷)(4月)

沿革

1952(昭和27年) 箱根美術館開館〔6月15日〕
財団法人東明美術保存会設立〔9月15日〕
1952(昭和27年) 箱根美術館別館建設〔5月25日〕
1957(昭和32年) 熱海美術館(MOA美術館の前身)開館〔1月1日〕
1976(昭和51年) MOA美術館地鎮祭〔5月1日〕
1981(昭和56年) MOA美術館竣工〔12月23日〕
1982(昭和57年) MOA美術館開館〔1月11日〕
財団法人エム・オー・エー美術文化財団へ名称変更登録〔2月27日〕
1983(昭和58年) MOA美術館本館及び円形ホール 第24回建築業協会賞受賞〔6月20日〕
1985(昭和60年) 光琳屋敷復元〔3月2日〕
第1回薪能〔7月31日〕
開館3周年記念事業レセプション〔12月22日〕
1986(昭和61年) 第1回光琳茶会〔2月19日〕
第1回光琳乾山忌茶会〔6月2~3日〕
1988年(昭和63年) 第1回MOA岡田茂吉賞授賞式〔8月1日〕
1989(平成元年) 第1回MOA全国児童作品展〔12月15日〕
1992(平成4年) 開館10周年記念特別展「野々村仁清展」共催:石川県立美術館〔10月25日~11月18日〕
1997(平成9年) 開館15周年・熱海市政60周年記念特別展「熱海再発見」〔10月10日~31日〕
2002(平成14年) 箱根美術館50周年・МОA美術館20周年 記念レセプション〔2月5日〕
2012(平成24年) 文化庁ミュージアム活性化支援事業 東日本大震災復興支援 特別公開「国宝紅白梅図屏風とMOA美術館の名品」 於仙台市博物館〔3月6日~25日〕
箱根美術館60周年・MOA美術館30周年記念レセプション〔7月21日〕
2013(平成25年) 公益財団法人岡田茂吉美術文化財団に名称変更〔4月1日〕
2015(平成27年) 尾形光琳300年忌記念特別展「燕子花と紅白梅」 光琳アート 光琳と現代美術〔2月4日~3月3日〕
2016(平成28年) 改修工事のため休館〔3月7日~〕
2017(平成29年) リニューアルオープン〔2月5日〕