イベント・ピックアップ

イベント

Kōgei Dining

2021.11.21|日| - 2021.11.25|木|

概要

Overview

基本コンセプト「日本人の自然観」は工芸や和食、伝統芸能などの生活芸術に表れています。
鑑賞するだけでは知ることができない工芸の持つ”用”の美しさを、食事会を通じて参加者自身の手で確認していただける貴重な機会となります。和食は有機農法を中心とした地産地消の料理、博多の老舗料亭の郷土料理を提供します。熱海会場は人間国宝・坂東玉三郎による舞踊の鑑賞、福岡会場は日本伝統工芸展(福岡会場)の鑑賞と伝統工芸作家のギャラリートーク、人間国宝の今泉今右衛門、鈴田滋人、福島善三によるトークショーを催します。両会場では、伝統工芸品の展示と販売も行います。

漆芸の人間国宝、室瀬和美は「工芸品というのは使う人のためを思って作る、自分たちはこれを使ってくれる人が幸せになって欲しいと思って作っている」と語っています。工芸は、実際に使って楽しむことで作り手と使う側の美的交歓が生まれます。つまり作家の思いとそれを受けて使う人の、作品を通しての人と人との結びつきです。「Kōgei Dining」では、こうした工芸のもつ美的特質を体感する機会の創出を試みます。

[熱海会場]─舞踊・工藝・和食 ─

MOA美術館 熱海市桃山町26-2

2021年 11月21日|日|・22日|月|・23日|火|・24日|水|・25日|木|
日時:昼(21ー25日)9:300〜17:00、夜(25日のみ)9:30〜19:00
料金:昼78,000円(税込) 夜95,000円(税込)

詳しくはこちら

[福岡会場]─ 工藝・食・人間国宝トーク─

料亭 嵯峨野 福岡市博多区住吉2丁目21‒19

2022年 2月5日|土| 16:00〜20:30
料金: 120,000円(税込)

詳しくはこちら

 

東北復興支援
東日本大震災の風評被害に苦しむ会津漆器業界に対して地元職人達との協働のもとに、会津塗椀及び折敷を制作し、和食には会津若松の銘酒「無為信」をご用意します。